九星気学の基礎から活用法についてご紹介。

凶方位 九星気学の活用法

九星気学の基礎から活用法についてご紹介。




      

凶方位

九星気学の中でも大事になってくるのは方位とされています。
主な方位の種類として吉方位と凶方位があります。



無論、吉方位の方が運勢は好転するのです。

吉方位を知ることも大事ですが、凶方位を知ることも九星気学では大事になってきます。
基本的に吉方位よりも凶方位の方が種類が目立った数になるほど多くあります。
そのため、何も知らずに旅行や引越しなどをしてしまうと凶方位に移動してしまう可能性が高くなります。

凶方位は九星や十二支を組み合わせて解明されたもので凶殺方位と呼ばれることもあります。
この方位に移動したら、当然的に凶禍があるとも言われているのです。
凶殺方位には七種類あり、まとめて七大凶殺方位と呼ばれています。

七大凶殺方位には暗剣殺・五黄殺・歳破・土用殺・小児殺・本命殺・本命的殺があります。
暗剣殺・五黄殺・歳破・土用殺は誰にでも該当する方位でもあります。
物事が上手くいかなかったり、停滞したり、崩壊したりと、何をやっても中々上手くいきません。
小児殺は12歳以下の子供にのみ当てはまり、病気や事故に会いやすい方位になります。
本命殺や本命的殺は方位に当てはまる人のみで、自ら凶禍を招くことがあります。

この中でも暗剣殺と五黄殺は、繰り返しその方位への移動をすると、自分の命に関わるほどの悪い影響を受けてしまいます。
この二つの方位への移動は注意が必要になります。
その他の方位も、人生を悪い方向へ導いてしまう可能性が高くなるので、注意しましょう。
凶方位の掌握はきちんとしておくことをおすすめします。



Copyright (C) 2015 九星気学の活用法 All Rights Reserved.


手相占いの基礎知識 風水で運勢アップ パワーストーンの正しい使い方 恋愛を占ってみましょう 無料で恋愛を占う方法 四柱推命占い 四柱推命占い 血液型占い事典 開運のための風水 九星気学の活用法 結婚線の見方 夢占いについて